Loading...

介護のお仕事お役立ちコラム

令和3年度 障害福祉分野におけるロボット等導入支援情報

介護の制度・補助金

 厚生労働省の発表によると、ロボット技術の活用により、介護業務の負担軽減や、新型コロナウィルスの感染拡大防止、労働環境の改善、生産性向上等を通じて、安全・安心な障害福祉サービス等を推進する目的により、障害者支援施設等がロボット等を導入するための費用について財政支援が実施されます。

情報ソース:令和2年度 厚生労働省第三次補正予算案(参考資料)

事業要件

実施主体:都道府県、指定都市、中核市
対象施設:都道府県知事、指定都市長及び中核市長が適当と認めた社会福祉法人又は
特定非営利活動法人等が運営する障害者支援施設、グループホーム、居宅
介護、重度訪問介護、短期入所、重度障碍者等包括支援又は障害児入所施設
補助対象機器:移乗介護、移動支援、排泄支援、見守り・コミュニケーション支援・入浴支援
補助額:1台あたりの導入経費の補助額
移乗介護・入浴支援:10万円以上 100万円以下
移動支援、排泄支援、見守り・コミュニケーション支援:10万円以上 30万円以下
1つの施設・事業所に対する補助上限額
障害者支援施設:全ての機器の合計額210万円を限度とする
グループホーム:全ての機器の合計額150万円を限度とする
その他事業所 :全ての機器の合計額120万円を限度とする